« 昨日。 | トップページ | 20年ぶり。 »

物語りの真実

あっという間に公演が終わった。
戦った自分なりに。

寝不足の中、ゲネを見ていたら
物語の世界が見えた。

自分が作った世界が自分から乖離していく瞬間をみた。

物語りの中の真実。
舞台の中にある真実の世界。

演劇が心からオモシロイって思えた。

俳優が全員その世界を本物だと認めた瞬間に起こる奇跡。
でもその奇跡は物語の中ではごく当たり前に語られる。

劇場入りしてからの演出の作業は物語を本来の姿に戻す
ことのように思えた。物語に操られているようにさえ思えた。

不思議な体験。
おかしいって思えわれても見えてしまった。

当分、物語りの世界のルールについて学ぶ日々だと
思う。市民演劇はその為のよいイントロとなった。
今回ほど「達成感なき満足」はない。
非常に幸せな気分。

今後。
大きく考え方が変わりそう。

たのしみ

|

« 昨日。 | トップページ | 20年ぶり。 »

「つぶ焼き。」カテゴリの記事

コメント

本当にお疲れ様でした。
今回参加できてよかったです…。最後まで試行錯誤し悩みましたが…。
でも間違いなく自分の中で何かが変わりました!!
何が言いたいのかわからなくなりましたがとても今清々しい気持ちでいます。

本当にGOさん、明神さん、市民演劇に携わった役者・スタッフの皆さん、お客様本当にありがとうございました!

投稿: ジュンコ | 2008年3月14日 (金曜日) 午後 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261936/11185822

この記事へのトラックバック一覧です: 物語りの真実:

« 昨日。 | トップページ | 20年ぶり。 »