« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

昨日。

俳優研修所の稽古の一環でく☆すさんの芝居を見せて頂いた。

別役の芝居。
その後のアフタートーク。

深い。
とても深い。

何十年も芝居に賭けてきた二人の重いボールを受け切れなかった。

あまい。
本当に生ぬるい。
自分の脆弱な領域が崩れた。

自分には「世界」が見えない。

昨晩の余震が今朝激震に変わる。

ピナバウシュのダンスを見た時のように
芸術の世界に飛び込んで本当に良かった
と再度強く思った。

勉強がまだまだ足りない。
とても楽しい。


今隣でウチの子二人がNODA・MAP「キル」を
見ながらなぜか爆笑している。

俺がこんなに悶え楽しんでいるのに~


まだ演劇の入り口にも来ていないんだろうな。

演劇に関われて本当に良かった。
神様ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

彼を知り己れを知らば

孫子の言葉。
なんかの本で読んだ。

彼を知り己れを知らば
敵を知って自分も知っていれば負けない。

俺は両方知らない。

今自分を知らなければ。
いろいろ自分をツツイテル。
まだまだまだわからない。


俺は自分を知らなければ人を知るって
ところまで進めないと思ってる。
人に触れ考え感じるのは自分だから。
でも前向きに考えている。
自分に期待している。

しかし過去の偉人の言葉はシンプルかつ重厚。
今みたいに情報が氾濫していなかったから自分の
言葉をストレートに感じることが出来てたんじゃないかな。


また別の本で岩波茂雄の言葉が響いた。
「相手が自分よりちょっと上だなと思ったらものすごく上だと思え
 相手が自分とおなじくらいだと思ったら相当上だと思え
 相手が自分よりかなり下だと思ったときがちょうど自分と
 同じくらいなのだ」

自分の過信を戒める。
芸術における傑出した人間を目指したい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »